イルカの肉が美味しいって本当?クジラと同じ味?

イルカの肉の味は?

基本的にクジラと同じ味になります。
調理法は、下味を付けて焼いたり、燻製にしたり、味噌煮にしたり、刺身で食べたり、竜田揚げやステーキ、すき焼きにするなど様々です。
血抜きをされていないイルカ肉は鉄分が酸化し黒っぽい色をし、またイルカ肉独特の臭みは脂身の脂にあります。つまり、イルカ肉を美味しく調理するには、血抜きと脂抜きの下処理が最大のポイントとなります。

イルカの肉の総評
味:☆☆☆☆
臭いの少なさ:☆☆☆☆
クセの少なさ:☆☆☆
料理の汎用性:☆☆☆☆
希少度:☆☆☆

そもそもイルカ(海豚、鯆)とは? クジラとの違いは?

哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種です。
日本語では成体の体長でおよそ4mをクジラとイルカの境界と考えます。
また、近年の研究により、イルカやクジラに最も近い陸上生物はカバ類であることがわかっています。

 

イルカの狩猟の歴史

日本では、戦前や戦後の食糧難の時代、クジラと同じくイルカも、貴重な蛋白源でした。今でも、イルカがよく観察されるところでは食用にする習慣が残っており、各都道府県知事許可漁業の「いるか突きん棒漁業」「いるか追い込み漁業」として認可を受けて操業しています。
例えば、岩手県、静岡県、山梨県、和歌山県の一部地域では、イルカ食文化があり、イルカの肉を町中の魚屋やスーパーマーケットなどで日常的に販売しています。


イルカ料理:山形の郷土料理イルカ汁

山形の郷土料理のイルカ汁は、塩クジラと野菜の味噌汁です。
塩クジラとは、鯨の皮と皮下脂肪を塩漬けしたものです。イルカ肉はその臭みから、塩クジラに取って代わられたとされています。

イルカ料理:静岡の郷土料理イルカの味噌煮

静岡県東部地方の冬の郷土料理になります。煮物にする場合、血抜きをし、4~5時間ほど下茹で、アク抜きをし、ショウガ・ゴボウ・ニンジン・大根・こんにゃくなどと味噌煮にします。

 

イルカ料理:刺身

新鮮な生肉、または解凍した冷凍肉(生食用・刺身用)を、水に晒して血抜きをし、硬い表皮を除き、刺身にして食べることもできます。イルカの刺身はありませんが、クジラの刺身は通信販売で購入できます。

 

参考資料
https://shopping.yahoo.co.jp/category/2498/939/41348/list
http://www.another-tokyo.com/archives/50515357.html
https://hitosara.com/0006001062/food.html