アヒルの肉が美味しい?カモとの違いは?

アヒルの肉の味は?

肉味の良さや脂肪の淡泊さから、高級食鳥肉として『合鴨肉』の名前で流通しています。
ニワトリの肉に比べて淡白な傾向があり、ヘルシーで栄養価も高いのが特徴です。
また、市販のアヒルは『合鴨』『京鴨』という名称で販売されており、スーパーなどでも見かけます。
いずれにしても、最近流行りのジビエには該当しません。
因みに、有名なアヒルの卵料理には、『ホビロン(バロット)』があります。

アヒル肉の総評
味:☆☆☆☆☆
臭いの少なさ:☆☆☆☆☆
クセの少なさ:☆☆☆☆☆
料理の汎用性:☆☆☆☆☆
希少度:☆

 

そもそもアヒル(鶩、家鴨)とは? カモとの違いは?

水鳥のカモ科のマガモを原種とする家禽です。
カモ』『アヒル』『アイガモ』に生物学上の明確な違いはなく、英語ではいずれも『ダック(duck)』と呼ばれています。因みに、アヒルとマガモの交配種が、アイガモ(合鴨)です。
成鳥は全長50 – 80cm、体重は3.0 – 5.0kg前後です。

アヒルと人間の歴史 カモネギの由来

ヨーロッパや中国などで飼育が始まり、世界中で幅広く飼育されています。アヒルの用途には、愛玩食用採卵羽毛採集などがあります。食肉として和洋中の料理に広く利用され、『鴨鍋』『鴨蕎麦』『燻製』『北京ダック』『フォアグラ』などがあります。
また、『鴨が葱を背負って来る』という、『好都合である』という意味の諺もあり、この組合せは非常に美味しくいただけます。


アヒル料理:アヒル鍋(鴨鍋)

アヒル肉や鴨肉(合鴨肉)を、白菜やねぎなどの野菜と一緒に煮込んで作る料理のことです。
お手頃な値段で通信販売にて購入することができます。

 

アヒル料理:ターダッキン

ターキー(七面鳥)にダックを詰め、さらにチキンを詰めて焼く、アメリカ合衆国ルイジアナ州南部の料理です。

 

 

アヒル料理:アヒル肉のコンフィ

コンフィとは、フランス料理の調理法です。
伝統的な肉のコンフィには、水鳥と豚肉の両方があります。
アヒルの砂肝も一般にコンフィとして調理され、フランス南部の至る所で作られています。

 

参考資料
http://yunmama.seesaa.net/article/425629615.html
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/01225/306852
https://www.seriouseats.com/2012/11/the-food-lab-the-ulimate-turducken.html
https://www.hotpepper.jp/food/SA13/Y862/XB1B/f0602003/
https://blog.goo.ne.jp/yuki9162/e/bc2e7854cacb6a280bd765f019413ce5