ワニの肉の味は?鶏肉に近いってほんと?美味しいの?

ワニの肉の味は?

ワニの肉は淡白な味で、鶏肉のような食感です。食用に飼育されたものは特に臭みはなく、高蛋白低カロリー食の健康食品として売り出されています。ワニの手、ワニのタン、ロース、バラ、テール、刺身、タタキなど販売されています。

ワニ肉の総評
味:☆☆☆☆
臭い:☆☆☆☆
クセ:☆☆☆
汎用性:☆☆☆☆
希少度:☆☆

ワニ(鰐、鱷)は淡水域の生態系の最高次消費者

ワニ目に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類の総称です。ニシキヘビ等の大蛇と並び、淡水域の生態ピラミッドの”最高次消費者”の地位を占めてきた動物群です。

世界のワニ食文化

日本では静岡県湖西市で食用のための養殖が行われており、浜松市にはワニ料理を提供するレストランがあります。また、広島県の一部地域には郷土料理としてワニ料理が存在しますが、このワニは『サメの方言名』になります。
オーストラリアでは、日常用の食材として、スーパーマーケットにワニ肉が並べられています。また、キューバではワニ料理レストランが観光客に人気を博しております。


ワニ料理:ワニの手

ワニの手の料理になります。見た目は生々しいですが、味は鶏肉そっくりで淡白な味わいがします。通信販売にて『ワニの手』は購入できます。その他にも、ワニのタン、ロース、バラ、テール、刺身、タタキなど購入できますので、ぜひ試してみてください。

 

参考資料
https://www.hotpepper.jp/strJ000014882/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%8B