ハトの丸焼きが美味しい?エジプトの名物料理?

ハトの肉の味は?

鶏よりも身が引き締まっていて、若干の野生の味が感じられますが、噛みごたえがあります。
日本ではあまり食べられていませんが、フランス料理の『鳩のロースト』やエジプト料理の鳩の丸焼きに米の入っている『ハマム・マシュイ』有名です。
また、日本では『山鳩味噌』という味噌がありますが、これには鳩は入っておりません。江戸時代の料理には、『魚鳥味噌(ぎょちょうみそ)』という、鳩や鮒などを日本酒で数日煮込み、更に醤油で煮込んで作る料理がありました。

ハトの肉の総評
味:☆☆☆☆
臭いの少なさ:☆☆☆☆
クセの少なさ:☆☆☆☆
料理の汎用性:☆☆
希少度:☆☆

鳩(ハト)とピジョンの違いは?

ハト目・ハト科に属する鳥類の総称です。
ハト目には、世界では約42属290種があります。
英語では、ピジョン(pigeon)と呼びます。
また、リョコウバトという
鳥類史上最も多くの数がいた鳩がいましたが、乱獲によって20世紀初頭に絶滅しました。

ハトと食用の歴史

食文化としてドバト(土鳩)は中国では普通に食用にされています。
また、フランス、ギリシャ、レバノン、エジプトなど地中海沿岸諸国においても、ハトはよく食べられています。イギリスでも18世紀頃までは自然繁殖した物を捕らえて調理したものが一般的に食卓に上っていたといわれ、現在でも食文化中にそのなごりがみられます。
日本では、一般的には鳩を食用とすることは稀です。しかし、キジバト(山鳩)は狩猟鳥であり、食用にされることはあります。


ハト料理:鳩の丸焼き

鳩(ピジョン)の肉は通信販売でも購入することができます。
そのまま丸焼きにし、ローストチキンとして食べるのが、絵的にも味的にもいいでしょう。

 

 

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9
https://panwei.exblog.jp/21378541/