アルパカの肉が美味しい?どんな味?臭い?どこで食べれる?

アルパカの肉の味は? ラマより美味しい?

アルパカはペルーなどで食用として扱われています。体格ではラマに劣りますが、ラマより味が良いため、食肉としても利用されています。食感は豚肉のステーキに近く、変にクセや臭いもありません。

アルパカ肉の総評
味:☆☆☆☆
臭いの少なさ:☆☆☆☆
クセの少なさ:☆☆☆☆
料理の汎用性:☆☆☆☆
希少度:☆☆☆☆

 

 

アルパカ(羊駱駝)とは? 優秀な毛皮持ち?

南アメリカ大陸原産の家畜の1種です。
ラクダ科のビクーニャ属またはラマ属に属します。
極めて良質な体毛を持っており、昔から衣類を始めとする生活用品へ、体毛の加工利用が品されてきました。
体長約2m、体高約0.9–1.0m。体重は約50–55kg。

アルパカと人間の歴史 儀式にも使われていた?

インカ帝国では、医薬用、宗教儀式用としても使われてきました。現代でも儀式でアルパカの幼獣が使用されることがある為、アルパカ牧場やペットとして飼育されています。
また、アルパカの毛は品質と量の点で優れており、服飾業界において利用もされています。


アルパカ料理:ステーキ

アルパカのペルー料理。
変にクセや臭いもなく、食感は豚肉に近く、美味しく食べることができます。
しかし、アルパカの肉は通信販売で購入できる場所は、現在のところありません。

 

参考資料
https://www.tripadvisor.co.nz/LocationPhotoDirectLink-g294314-d807850-i44595461-Inka_Grill-Cusco_Cusco_Region.html