トナカイの肉が美味しい?味は?フィンランドで食べれる?

トナカイの肉の味は? フィンランドで食べれる?

トナカイの肉は、脂身が多そうであるが、淡白で歯ごたえがある肉になります。臭みやクセも殆どなく、刺身やカルパッチョでも、ステーキ、土佐煮等の煮込み料理にも使われます。
しかし、レッドリストに該当していますので、食べられる場所はかなり限られます。日本では北海道天塩郡幌延町で商業飼育されており、食べれる飲食店があります。
海外では、フィンランドは食べる難易度は低いようです。

トナカイ肉の総評
味:☆☆☆
臭いの少なさ:☆☆☆☆
クセの少なさ:☆☆☆☆
料理の汎用性:☆☆☆☆
希少度:☆☆☆

トナカイ(馴鹿)とは?

哺乳綱鯨偶蹄目シカ科トナカイ属の1種です。
シカ科で唯一、雌雄共に角があります。
体長120cm–220cm。肩高90cm–150cm。体重60kg–300kg。

 

 

トナカイは人類が最も家畜化した動物?

人類が最も古く家畜化した動物の一種であり、乳用、食肉用、毛皮用に加え、運搬や移動手段にも利用されてきました。また2015年、国際自然保護連合は北極圏周辺における個体数が40%減少しているとして、2016年版のレッドリストで危急種と評価しています。


トナカイ料理:ソーセージ

北海道幌延町のトナカイソーセージは商品化されており、通信販売にて購入が可能です。値段は少し高めですが、非常に珍しいトナカイ肉を使用した食べやすいソーセージです。

 

 

参考資料
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/zuroku/arctic/d056966.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%82%A4
http://www.northmall.jp/tonakai/